●Q&A一覧

share this page

赤ちゃん・子どものリハビリ・発達ケアに関するQ&A:メールフォームからいただいたご相談・ご質問【項目】(更新:2019年11月13日)

赤ちゃん・子どものリハビリ・発達ケアに関するご相談・ご質問はメールフォームからご連絡ください!

発達ケア■

□ケア・アセスメント

Q1:「自己鎮静行動、吸綴」

 

□ポジショニング

Q1:「退院前、ポジショニング」

Q2:「移行期、腹臥位」

Q3:「腹臥位、側臥位への移行」

Q4:「反り返り、良姿勢保持」

Q5:「SATOカーム、ベビーピロー、股関節が広がる」

Q6:「体位交換、体位変換」

Q7:「座位保持椅子、作製方法」

Q8:「ポジショニングマット、光線療法、買い替え」

 

■リハビリテーション■

NICU・GCU発達評価

Q1:「GMs評価、評価時期」

Q2:「Dubowitz評価・新版K式発達検査、評価表自動計算」

Q3:「満期産児・発達検査、疾患別リハビリテーション料」

Q4:「脳室周囲白質軟化症、足部クローヌス」

 

□NICU・GCUリハビリ

Q1:「入院中、リハビリ介入」

Q2:「リハビリ、3職種介入」

Q3:「発達障がい、理学療法士」

Q4:「軟骨無形性症、抱っこ、頸椎カラー」

 

□発達支援(乳幼児)

Q1:「発達の遅れ、座位保持」

Q2:「急性期病院、発達評価」

Q3:「発達、プログラミング、介入の意味」

Q4:「家族指導、グレーゾーン発達」

Q5:「発達を促す関わり、大切なこと」

Q6:「発達を促す関わり、家族が関わるタイミング」

Q7:「扁平足、ハイカットシューズ」

Q8:「運動発達の遅れ、歩行後フォロー」

 

□リハビリ評価

Q1:「GMFM、ライセンス、対象年齢、フォーマット」

 

□先天異常

Q1:「レット症候群、歩行獲得」

 

□重症心身障害・医療的ケア

Q1:「医療的ケア児、理学療法士、役割」

Q2:「側弯、手術、プレーリー」

 

□呼吸理学療法

Q1:「繊毛機能不全、呼吸管理」

Q2:「肺炎、呼吸介助」

Q3:「乳児、体位排痰法」

Q4:「脊髄性筋委縮症、EzPAP」

 

□哺乳・摂食・嚥下

Q1:「哺乳、離乳食拒否」

Q2:「哺乳、ピエール・ロバン症候群」

Q3:「仮死、嚥下反射、アイシング」  追加Q:「胃食道逆流、ポジショニング」

Q4:「哺乳支援、開始基準、観察」

Q5:「哺乳、嘔吐」

Q6:「18トリソミー、哺乳困難」

Q7:「哺乳時むせ、陥没呼吸」

Q8:「早産児、指示哺乳」

Q9:「乳頭混乱、母乳実感」

Q10:「哺乳拒否、覚醒レベル、哺乳姿勢」

Q11:「嚥下反射、喉頭刺激」

Q12:「離乳食、咽頭反射」

Q13:「哺乳中、SpO2低下、吸気狭窄音」

Q14:「乳児、水分、ムセ」

Q15:「早産児、哺乳、無呼吸」

Q16:「幼児、吸綴、ムセ」

Q17:「幼児、摂食拒否」

 

□療育

Q1:「セラピストと家族、役割」

Q2:「療育、視点」